蜂寅企画の公式BOT。過去公演の台詞を呟きます。 ***蜂寅企画*** 公式PV https://t.co/bSWm3I1lOS
  • こちらのことなど考えなしだ! 上様もあいつらも無茶ばかり言いよる! 馬鹿め!大馬鹿もんめ! (七角「最果て忠敬」)

  • あたしにも千里眼があったら、こんな風じゃあなかったかもしれないわね(おさらば恋ヶ淵)

  • まったく憎い奴。今日も今日とて飽きもせず、不恰好なこの鼻を、キラキラてかてか照らしてくれる。じりじり暑い地面の上に、落ちる濃い影、天狗鼻。うんざりするよな、相棒でもさ。 青空だったら、そいつもまぁ、悪くはない。(恋は枯れ野をかけめぐる)

  • 「あの時のことは目を閉じれば昨日のことのように思い出せる…」なんて芸当はなかなか出来ないもんさ。少なくともわっちにはね。やんなるくらいにさ、毎日別のことでもみくちゃさ。昔のことってなあ、なかなか今に勝つのは難しい(のばら心中)

  • 当たり前だろ! こんなに、こんなにありがたいことはない! こんなに嬉しいことがあるか!  俺、立派な父ちゃんになるから! 日の本一の、父ちゃんになってみせるから! (おさらば恋ヶ淵)

  • 気分とか気持ちとかでするもんじゃねえだろ、仕事てえのは。・・・気にかかることはあるだろうけどよ、そういう時はなにも考えねえで目の前のことやるしかねえんだ。そうだろ?(和泉屋「悪たれ写楽」)

  • 埋立てによって恋ヶ淵はなくなりました。あの土の上に、今度は店屋でも建つでしょう。そしてその店屋がなくなってもまた別の何かが建つでしょう。そしてまたそれがなくなってもまた別の・・わたしたちは埋まったものの上に立って生きてゆく、そうしてゆくのですね。研次郎叔父さん(おさらば恋ヶ淵)

  • 全てを知ってしまった後で、私の行いは卑怯そのものでした。この日々が壊される位なら、後ろめたさも全て飲み込もう。そのつもりでした。武家に生まれた女にあるまじき行いでした。それでも何より、失うことが何より恐ろしかったから何に背いても構わなかった。失いたくなかったんです(権十郎の傘)

  • 御政道に、ケチをつけたくもなるのは本当だ。俺だってたまらねえよ。だが天下がひっくり返っちまって、いちばん困るのは俺たちだ。(きら星のごとく)

  • 俺はお前を待つ。けどよう。俺は「手を合わせる限り」って約束したんだぜ。 ちゃんと合わせろ! 一之真!(ひゃくはち問答)

  • 「まあ割り切れる女はいいけどさあ。あんた背中に板でも仕込んどいたほうがいいんじゃない」 「その板も、釘を刺され過ぎちまってねえ、もう穴だらけ」 「ドブ板でも足しときな」 「ドブ川を流れ流れる水商売さね、きれいな側と汚ねえ側と、色恋沙汰とは裏表。でしょ?」(おさらば恋ヶ淵)

  • ・・わっちはね、ずっと「あんたよりマシ」そう思ってたのさ。誰だってそうだろ。「あいつよりマシ」「コイツよりマシ」そうやって線引きしてさ。倒れこみそうなくらいの風が吹いたときに、そいつにのしかかってやるのさ。そうすりゃあ随分ラクになる。そうさ、ずっとずっとマシさ。(のばら心中)

  • 女の口からこんなこと言わせといて、あんまりじゃねえか。今日明日どうなるかわからねえ世で一緒になろうと女から言ったんだよ。(お葉「忘れな三助」)

  • シュラ「余計な殺生は・・」 センジュ「もう! もうもう! 邪魔すんなシュラ!」 シュラ「最後まで言わせてください」 センジュ「やなこった!」 (ひゃくはち問答)

  • ・・・気をつけなよ。あんたみたいにさ、うまく割り切ってるつもりの野郎が、いつかどぼんと行くよ。見えてるつもりの野郎に限って、深みにはまるもんだからよ。 (おさらば恋ヶ淵)

  • 景保殿に一発ばちいん! とお見舞い致します。上様にもばちいん! (綾音「最果て忠敬」)

  • 「・・”飽きた”から捨てようっていうの」 「”あきない”だから終いにすんのさ。遊びじゃなきゃ商いじゃあねえ。本気の恋のほむらにゃあ、この鏡三郎、耐えられないもんでね。・・・火傷が過ぎたら、もう一緒にゃあいられねえ。」 (おさらば恋ヶ淵)

  • 団子がサァ、まずいんだ。なんでなのかねえ、作り方もコツも全部染み付いてる筈なのにさ。てんで美味しく作れないの。そらそうかもねえ、染み付いてるのは、この身体にだもん。腰の痛いのもさぁ、このシワもさぁ、まあ全部あたしなんだわ。(おさらば恋ヶ淵)

  • ほんとに江戸の奴らってのはその日暮らしで、なんでもかんでもすぐ忘れちまわあ!江戸が火の海にならなくて済んだのは一体誰のおかげだと思ってんのかねえ(十左「忘れな三助」)

  • そう思うとよ、ちょっとだけふっと力が抜けるんだ。仏様ってのはそういう力があるって俺は思うんだ。それだけが、それっぽちがどれだけ救われるか、俺はよくわかる。 (ひゃくはち問答)