"僕はね…正義の味方になりたかったんだ…"