ハボック「小さい頃の日記を読むと、俺の将来の夢は将軍って書いてあったんすよね」 ロイ「私はゼリーだっ

ハボック「小さい頃の日記を読むと、俺の将来の夢は将軍って書いてあったんすよね」 ロイ「私はゼリーだった」

  • 19m

    ロイ:あああああ『仕事してたりゃこんな時間になっちゃったにょ〜☆もうねむぃ。。。おやすみ。ρω-。)』ってハボックに送ろうとしたら間違って鋼のに送ってた大体ハボックが男同士でキモいメール送るのを流行らすからこうなるんだ私が起きるまでに破滅してろよ世界!!!!

  • 49m

    ハボック:大将に「私のことを好きになってくれないか?」と告白をした大佐。どんな暴言が飛んでくるかと怯えてたら大将は「もう好きだから無理」と返し辺りが結婚式場になったレベルで幸せに包まれた

  • 1h

    ロイ:鋼のを抱きしめようとしたら拒否されて手を払いのけられ、それでも無理矢理抱きしめようとしてそれを繰り返してたらジャッキーチェンのカンフー映画みたいになったことがある

  • 1h

    ロイ「ホットケーキが冷めてしまったらそれはもうホットケーキじゃなくなるんじゃないか?」 エド「ほっといた結果だからホットケーキでいいんだよ」 ロイ「お、お…おおお!!!」

  • 2h

    リザ:エドワードくんとアルフォンスくんの会話 アル「ボクは一期一会が一番好きな言葉なんだけどね」 エド「ああ」 アル「一番好きな響きはペティグリーチャムなんだ」 エド「わかる」 それまでその話をぼんやり聞いていた大佐が噎せながら崩れ落ちていきました

  • 2h

    ロイ:人は二度目の告白に弱いんだよ。 一度振られたからって諦めてはいけない。勇気を出してもう一度告白してみるといい。上手くいくかもしれないぞ。かくいう私も1039回目の告白でノイローゼ気味な鋼のから遂にOKをもらった

  • 3h

    ロイ「おにぎりですらぎゅっとされてるのに私ときたら……」

  • 3h

    ロイ:「シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ」という歌の屋根まで飛んだというのは「シャボン玉が」屋根の高さまで飛んだのか、シャボン玉と一緒に「屋根も」吹っ飛んでいったのかで鋼のと大喧嘩したことがある

  • 4h

    エド:そこの可愛い顔して「酔っちゃったぁ♡」って顔とろ~んとさせてるお前。それは酔ってない。一人で帰れ。本当に酔った大佐なんか「酔ってない酔ってないはっはっはっ」とか言いながらブリッジしてるから。それくらいやったら酔ったと認めてやる。甘えんな!

  • 4h

    ロイ:鋼のと中尉が「中尉ー、ここに虫いる」「まだちいさいわね」「これ刺すか?まだ赤ん坊かな」「そうね。子供のうちに殺しておきましょうか」っていう会話をしてるんだが中尉は魔王か何かか?