重衡:夜3時ごろに、一件のメールがあった。何だと思いながら開いてみると、「こ」とあった。まあ気にせず

重衡:夜3時ごろに、一件のメールがあった。何だと思いながら開いてみると、「こ」とあった。まあ気にせず閉じた。1分後には「ろ」と来た。さらに一分後、「す」と来た。さらに一分後、メールが来た。俺はガクガク((((;゚Д゜)))しながら中身を確認した。「け」忠度サンだった

  • 29m

    盛遠「「神なんていねーよw」「宗教とかバカじゃねーの。全ては生まれて生きて死ぬんだよ」というのはまさに仏教の思想だからここにいる大多数は仏教徒なんだよな結局」

  • 1h

    政子「あーもー!なんでそうやって自分の事は棚…棚に…棚に、よいしょって…」 小四郎「棚に上げて?」 政子「そうそれ!」

  • 2h

    梶原「頼朝が携帯電話を家に忘れていったのだが ありえないくらい電話かかってきている しかも頼朝の家からだから家族間のプライベートな話かもしれん 出てもいいのだろうか?」

  • 3h

    頼朝「部屋が汚いんじゃない。僕が美しいんだ!」 清恒「いいから片付けてください」

  • 4h

    清恒「片付けノウハウ的なの読んでたら「B'zのラブファントムを聴きながら片付けする」ってのがあって全てが持っていかれた。いらない!何も!捨ててしまおう!」

  • 5h

    袈裟「もしもし」 男「…パンツ何色?」 袈裟「穿いてません」 男「…お風呂上がり?」 袈裟「いいえ。下着を買うお金がないのです」 男「えっ」 袈裟「男にお金を騙し取られて……あたし、もう疲れた」 男「待って!早まらないで!俺が力に… https://t.co/4t9VTXTx2Z

  • 6h

    義朝「きみが死にたいと呟きながら過ごした一日は、生きていたいと叫んで死んでいった人の一日でもある。」

  • 7h

    祐清「ミカンの内皮の白い部分剥がしてたら「あ~そこに栄養があるのに~!」って言う奴何なの。俺は栄養摂取するためにミカン食いたいんじゃねーんだよ、美味しいミカンが食べたいんだよ。お前はハイチュウの包み紙に栄養あるよと言われたら包み紙ごと食うのかよ。」

  • 9h

    忠度「この前重衡が「忠度サンは俺に厳しく、盛子に甘いっすよね」とか文句つけてきたから「逆だったらかえって怖いでしょ?」と甘い目で見つめたら黙った」

  • 10h

    義平「頼朝6歳。何かの話の流れの中で「幸せってなに?」とふと聞いてみたら「ぼくの幸せは、あにうえにぎゅーって抱きしめて貰うことです!」 とにっこり笑って即答。 あああ…かわいい……」