Eve「ゆりんくん、アイラブユーを『月が綺麗ですね』って訳す意味はわかった。でも、嫌いな時はなんて訳

Eve「ゆりんくん、アイラブユーを『月が綺麗ですね』って訳す意味はわかった。でも、嫌いな時はなんて訳すの?」 ゆりん「『月は綺麗ですね』」 Eve「なるほど」

  • 26m

    Eve:「可愛い彼女とこんなことしたいよね~」とかふざけて夏代くんと一緒にバカップルごっこして遊ぶのにハマってたんだけど。ある日お弁当食べながらノリノリで「あーん」とかしてたら、入口からゆりんくんがガン見してた。明らかにドン引きした顔で固まってるし、絶対何か勘違いされたと思う

  • 1h

    Eve「僕は宝くじ貯金してるから。宝くじ買って、当たったくじはとっておく。もう結構な額がたまってるんだ〜!老後を優雅に過ごす時に使おうかとおもってる。」 kradness「支払期限あるの知ってる?」 Eve「しっ………うあああああああああああああああ」

  • 3h

    Eve:全巻そろえたい漫画の1巻だけを買ってなつしろの部屋にうっかり置き忘れていくと、1ヵ月後には全巻揃っているという素晴らしいシステムを発見した

  • 5h

    Eve:KKくんからの初メールは「タイトル:これでいいのか 本文:本当にこれでいいのか」だった

  • 8h

    夏代「猫が『にゃー』なのも犬が『わん』なのも別にいい。でもうさぎの語尾が『ぴょん』なのは納得できない」 S!N「ちゃんと鳴き声で勝負しろ。何が『お腹空いたぴょん』だよ」 Eve「ちゃんと『お腹空いたンギェー!』って言って」

  • 9h

    夏代:今日デパートに服を買いに行ったら、ゆりんとEveくんがエレベーター乗るとこを見かけた。2人ともこっちには気付かないで乗ってっちゃったんだけど、ドア閉まる前にエレベーターの自動音声『下にまいります』に対して2人揃って「まいりましょー」って言ってた

  • 10h

    S!N:夕立が降ってきた時 夏代「ゆりん、これ被っときな」 ゆりん「えっ、でも」 Eve「僕の方がサイズ近いよ?」 ゆりん「ってEveくん、下袖なしだし…」 Eve「ゆりんくんが風邪ひいたほうが困るでしょ」 KK「ていうか俺、折り畳みあるよ。はい、ゆりんくん」 僕の出番がねえ

  • 11h

    夏代「昨日、揚げたてのフライドチキン6Pを抱えて電車に乗るというテロ行為をしてしまった」 ゆりん「なつしろだったんだ」 Eve「許さない」 kradness「お腹鳴った」 KK「焼きたてのスルメを持って乗ったことならある」 S!N「何をやってるんだお前ら」

  • 12h

    夏代「は?」Eve「は?」ゆりん「は?」kradness「はあ」KK「以上、24時をお知らせいたしました」

  • 12h

    ゆりん「なつしろ何一人で本読んでるの?」 Eve「え!なつしろって本読むんだね!何て本読んでるの?」 夏代「明日の現実」 ゆりん「へー小説?面白いの?(本のぞく)」 Eve「…スケジュール帳じゃん」