夏代「昨日、揚げたてのフライドチキン6Pを抱えて電車に乗るというテロ行為をしてしまった」 ゆりん「な

夏代「昨日、揚げたてのフライドチキン6Pを抱えて電車に乗るというテロ行為をしてしまった」 ゆりん「なつしろだったんだ」 Eve「許さない」 kradness「お腹鳴った」 KK「焼きたてのスルメを持って乗ったことならある」 S!N「何をやってるんだお前ら」

  • 1h

    Eve「最近知ったんだけど、牛って赤色に過剰反応するわけじゃないんだねぇ」 S!N「牛はただ単に目の前でヒラヒラする物にイラついてるだけだって聞いた。Eveくん目の前で孝明さんが高速で反復横飛び開始したら殴りたくなるでしょ?そういう事」 夏代「オイ」

  • 2h

    S!N「Q.あなたの言っていることがわかりません (    ) do you (    ) ?」 KK「(What) do you (mean) ?」 Eve「(Sore) do you (imi) ?」

  • 3h

    S!N「いつ働くの?」 夏代「まだでしょ……」

  • 4h

    夏代「コンビニでうまい棒を一本だけレジに持っていって、自分の財布の中身を確認したあとに『やっぱりやめます』って言うゆりんくんの考えた罰ゲームは本当に最悪だった…」 KK「夏代くん、やらされたのそれ…」

  • 5h

    夏代「は?」Eve「は?」ゆりん「は?」kradness「はあ」KK「以上、24時をお知らせいたしました」

  • 5h

    夏代「この間Eveくんとしりとりをしていた時。  Eve「おかか!」僕「蟹!」Eve「にんじん!…さん!……です!よ!」  Eveくんにはかなわないと思った瞬間だった」

  • 6h

    夏代:暇だったから寝てるEveくんの口にチョコレート入れてみたら、「え、何?なに?な…に…」って言いながらまた寝られて、諦めてゲームやってたら5分後くらいにベッドの方から小さく「チョコだ…!」って聞こえてきた

  • 8h

    夏代「Eveくんの『ちょっとそこ座って』の破壊力は異常だよね」 S!N「思い当たる悪行が頭の中を高速で巡るよな」 夏代「いつもと呼び方が違うときとか」 S!N「指定されてないのに正座」

  • 9h

    雨にも負けず 風にも負けず 雪にも夏の暑さにも負けぬ 丈夫な体を持ち 欲は無く 決して怒らず いつも静かに笑っている 夏代「そういう人に録音丸投げして遊びに行きたい…」 Eve「なつしろ、もうちょっとなんだからがんばって」

  • 10h

    Eve「ゆりんくん、アイラブユーを『月が綺麗ですね』って訳す意味はわかった。でも、嫌いな時はなんて訳すの?」 ゆりん「『月は綺麗ですね』」 Eve「なるほど」