「知識があれば痩せるべくして痩せる」 意志が弱くて悩んでいる方。どんな方にも必見です。そんなに頑張らなくても痩せる。
  • 【痩せる飲み物】 ブラックコーヒーのカロリーは1杯10kca。「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種が含まれています。これは、体に脂肪がつきにくい働きを持っています。また、ブラックコーヒーは、糖の吸収を抑えるので糖尿病予防にも。

  • 【早食いをやめよう】 一般的に、脳の満腹中枢で「満腹」だと感じるまでに15~20分程度かかるといわれています。早食いは、単純に一定時間に食べる量が増えてしまい「大食い」につながります。少しの食事量で満足するために、普段よりゆっくり食べることを意識してみましょう。

  • 【急激に痩せるとがんにも】 全身の脂肪が肝臓に集まってしまい、脂肪肝になってしまいます。これは肝臓がんへと繋がる最初の段階です。 女性の場合は女性ホルモンを肝臓で調節しているため、生理不順や女性器系の病気になりやすくなってしまいます。

  • 【腹筋はカロリー消費しない】 腹筋の消費カロリーは意外な事に10~30回で3~8程度の消費カロリーにしかなりません。しかし、腹筋を鍛える事はもちろん、お腹を引っ込ませる効果もありますし、体力作りにもなります。ダイエットのための体作りとして、土台作りという考え方で腹筋をしましょう。

  • 【果実も食べ過ぎNG】 果物に含まれる糖質は、砂糖と同じ成分の「単純糖質」 摂りすぎには十分注意しましょう。 果物の1日の目安 りんご 半分 みかん 2個 オレンジ、グレープフルーツなど 1個 バナナ 1本 イチゴ 15粒 さくらんぼ 20粒 桃 1個 柿 1個

  • 【男性と女性で太り方が違う】 男性では内臓脂肪(短期的に増減する)が付きやすく、 女性では皮下脂肪(長期的に増減)が付きやすい。 と言う特徴があります。しかし、閉経後は女性も内臓脂肪(短期的に増減)が付きやすくなってくるので、性ホルモンと関係があるようですね。

  • 【コンビニダイエット食品】 セブンイレブンで販売されている「7種の具材筑前煮」 カロリー:148㎉ ごぼう、にんじん、たけのこ、れんこんなど噛み応えのある野菜が入った筑前煮は、ほどよく味が沁み鶏肉の旨味も感じます。1袋食べ切っても148㎉という低カロリー。

  • 【痩せる飲み物】 ココアを牛乳ではなく、豆乳で作った場合は約64kcal。 砂糖などの調整がされていないココアパウダーを製菓用として使う場合もあります。最大の利点、「食物繊維が豊富」 お通じがよくなってウェイトダウンにつながリます。

  • 【生活サイクルを朝型に】 人の体は午前中のほうがエネルギー代謝量が多く、夜遅くなればなるほど蓄えモードになるものです。午前中からしっかり体を動かすようにするには早起きはオススメです。本来の体の状態を取り戻す。これが結果的に、やせやすい体に導くものですね。

  • 【太らない外食メニュー】 デニーズ 豚しゃぶ膳(選べる小鉢つき)717kcal 魚や鶏胸肉と比べると脂質は高いが、しゃぶしゃぶなので脂が落としてある。豚肉は高タンパク、不飽和脂肪酸、ビタミンB1が豊富な美肌食材と言えます。また、キャベツが引かれているので、野菜もカバー。

  • 【ストレスは筋肉を失う】 ダイエットでストレスを受け続けると、筋肉がどんどん分解されていきます。その結果、代謝が落ちどんどん太りやすい体へと変わっていきます。 https://t.co/49hakOkOlq

  • 【コンビニダイエット食品】 ファミリーマートで販売されている「野菜を食べる!10種具材の豚汁」 カロリー  :134kcal 10種類の具材がたっぷり入った豚汁。この具材の中にこんにゃくが入っていることです。カロリーを抑えて、食物繊維が豊富なのでダイエットにぴったりの食品です。

  • 【お酒は太る?】 歓迎会、送別会、パーティ、会社の飲み会など。お酒を飲む機会は多種多様。 体内にお酒が入ると、アルコールは「毒」という認識をします。そこから、体はどんな変化を起こすのでしょうか?

  • 【カロリーゼロは逆に太る5つの理由】 1.カロリーゼロのカロリーは約5kcal 2.脂肪を溜め込みやすくなる 3.食欲を増進させる 4.満腹感を感じにくくなる 5.エネルギー生成をサボりだす その理由とは、、、? https://t.co/cent1jkEzo

  • 【マックを食べる時の注意点】 全く食べないのはなかなか難しいですよね。ポテトのLサイズは、大きなハンバーガー1個やレギュラーハンバーガー2個よりも高カロリーだったりします。シェイクはハンバーガー並み、甘いコーヒーや炭酸は100kcal超えで、飲み物としてはどちらも侮れません。

  • 【楽して痩せるダイエット?】 体のバランスを崩してまで痩せることはオススメしていません。 少しの運動、少しの工夫。少しの意識。 何をしても痩せない体質から「痩せやすい体質」「太りにくい体質」へとゆっくり時間をかけて根本から「体質改善」することをおすすめしています。

  • 【極端なダイエットはダメ】 断食ダイエットなど極端なカロリー制限をすると、 1週間と経たない内に体重が急激に減少します。 ただしこれは筋肉や血と骨の重量が減少しています。多いと5~7kg減少しています。 決して健康的とは言えないですね。

  • 【ファーストフードで太る理由】 1食辺りのカロリーが高い(サイドメニューなどで1,000kcalを超える) 栄養バランスが偏っていることが多く、満腹感を感じにくい。 味付けが塩辛い・濃いため美味しく感じることが食欲増進につながる。 同時に摂取する糖質が脂肪の吸収を促してしまう。

  • 【コンビニダイエット食品】 ローソンで販売されている「ごま豆乳鍋」 カロリー:146㎉ 1日に必要な野菜の3分の1を摂取することができます。 茶碗に軽く一杯程度のご飯を付けても300㎉ちょっとなので、しっかりと夕食を食べたいし、カロリーは抑えたいという方におすすめです。

  • 【コンビニダイエット食品】 ローソンで販売されている「とうふそうめん風」 カロリー:84㎉ 84kcalとカロリーが低く、炭水化物も10g程度におさえられる。晩御飯を低炭水化物として活躍できそうです。通常のそうめんより、炭水化物・カロリーの両方とも少ないのも嬉しいポイント。