「知識があれば痩せるべくして痩せる」 意志が弱くて悩んでいる方。どんな方にも必見です。そんなに頑張らなくても痩せる。
  • 【低カロリー食品の罠】 低カロリー食品には人工甘味料とトランス脂肪酸の両方が含まれているようなものもあって、同時に摂取していたら、身体は大きく蝕まれます。 カロリーをなくした食品というのは自然由来ではなく、人の手が加わったものです。これらの食べ過ぎには気をつけましょう。

  • 【ビタミンB2】 脂質を中心に糖質、タンパク質の代謝に関わります。健康な肌や髪をつくり、粘膜を保護します。口内炎や口角炎、目や舌、唇の粘膜異常、肌荒れ、髪のトラブルは、ビタミンB2の欠乏が原因のことが多い。 多く含まれる食品:豚・牛・鶏レバー、鰻、小麦胚芽、納豆、チーズ、卵など

  • 【病気で太る?】 太る原因となる病気の種類としては、 ・甲状腺機能低下症 ・ネフローゼ症候群 ・肝硬変 ・卵巣の病気 ・腎臓系の病気 病気なら治療をすることで、完治すれば自然と痩せてきます。そして、病気でなければ、ほかの原因によって太っているということを知ることができます。

  • 【ファーストフードで太る理由】 1食辺りのカロリーが高い(サイドメニューなどで1,000kcalを超える) 栄養バランスが偏っていることが多く、満腹感を感じにくい。 味付けが塩辛い・濃いため美味しく感じることが食欲増進につながる。 同時に摂取する糖質が脂肪の吸収を促してしまう。

  • 【食欲を抑える方法】 食事は普通にしてもいいんですが、それ以外で口寂しくなったらガムを噛みます。また、食事の前にもガムを噛む事でダイエットになります。 ガムを噛むとアゴを使い、唾液も出てくるので満腹感を感じるため、満腹中枢に働きかけ食欲が低減します。どか食いよりもガムで防ごう。

  • 【コンビニダイエット食品】 セブンイレブンで販売されている「7種の具材筑前煮」 カロリー:148㎉ ごぼう、にんじん、たけのこ、れんこんなど噛み応えのある野菜が入った筑前煮は、ほどよく味が沁み鶏肉の旨味も感じます。1袋食べ切っても148㎉という低カロリー。

  • 【パスタを食べる時】 主食の量が多く、あぶらもの(オリーブオイル・ベーコン・生クリーム)を多く使用します。更に粉チーズをかけることでカロリーがアップするので控えたほうが無難です。 具が野菜の場合はたんぱく質、肉や魚の場合は野菜が不足するのでそれぞれ補いましょう。

  • 【栄養不足が引き起こすこと】 集中力がなくなります。身体がだるかったり、まるで体調不良のような感覚になります。女性にとっては重要な肌のハリもなくなり、肌荒れを起こします。肌はボロボロは、髪もパサパサ、綺麗とは言えない状態になります。

  • 【安い野菜ジュースは要注意】 コストをとにかく下げることを目的にしている業者さんの商品は、原材料がどこで栽培されたものか不明のものが多く、大量の農薬を使っているものもあるみたいです。それを知らずに飲んでいるとしたら栄養素はなかったとしても、残留農薬は身体に蓄積されてしまいます。

  • 【痩せる飲み物】 白湯は沸騰したお湯を冷ましたもの。 水を熱することで、軟水になり口当たりもまろやかに。温められて、腸の動きが良くなり、便通も快調に。体が温められると基礎代謝もup。結果、痩せやすい体質になれるのです。

  • 【痩せる飲み物】 炭酸水は、炭酸独特の爽やかな飲み口。空腹を紛らわし、 間食してしまう人におすすめ。コーラなどの炭酸飲料は大量の砂糖が入っているのでNG。味がないことに抵抗がある人は「レモン汁」風味が変わって、少し飲みやすくなります。

  • 【短期ダイエットの代償】 どうしても同窓会や友人の結婚式があって、短期間で痩せたい。 1食、あるいは2食を酵素液などで、置き換えることで短期間で痩るというものです。 確かにやせられるかもしれません。 しかし、相当体は飢餓状態が進んでいます。体を労わることも忘れないでくださいね。

  • 【コンビニダイエット食品】 ローソンで販売されている「ごろごろ野菜の豚汁」 カロリー:201㎉ 価格:380円税込 大きめにカットされた野菜がごろごろと入っている食べ応え満点の豚汁です。 内容量が350gとボリュームもあります。ただコンニャクが少し多めかもしれません。

  • 【太らない外食メニュー】 デニーズ 豚しゃぶ膳(選べる小鉢つき)717kcal 魚や鶏胸肉と比べると脂質は高いが、しゃぶしゃぶなので脂が落としてある。豚肉は高タンパク、不飽和脂肪酸、ビタミンB1が豊富な美肌食材と言えます。また、キャベツが引かれているので、野菜もカバー。

  • 【コンビニダイエット食品】 セブンイレブンで販売されている「1/3日分の野菜!野菜を食べる焼きビーフン」 カロリー  :335kcal ビーフンの方がカロリーが低い、かつ値段が安い傾向があります。 価格は380円で、色鮮やかな野菜も嬉しいですね。おいしい1品ですよ。

  • 【タンパク質を食べよう】 成人女子で必要なタンパク質量は一日約50g。ただし、摂取したタンパク質が全て体のために使われるわけではなく、糖分や脂質と違って体の中に蓄えられません。吸収されなかったものは、尿や便などと一緒に排出されてしまいます。毎日積極的に採らないといけない成分です。

  • 【そばとうどん食べるなら】 そばの方が栄養が豊富。ポリフェノールやアミノ酸、ビタミンなどがたくさん含まれています。 うどんはカロリーがそばよりも少し低いですが、GI値が高いです。結果、血糖値が上がりやすくて太りやすくなります。もしどちらかを食べるなら、そばを食べ過ぎないように。

  • 【綺麗な肌を作るには】 人間の体は約60%が水分、約20%がタンパク質でできています。 そのタンパク質も肌の細胞を作る栄養素の1つ。コラーゲンなどの栄養素も注目されていますが、これらの栄養素はタンパク質からできています。 タンパク質をたくさん摂取できるのは、肉や魚はなどです。

  • 【マックを食べる時の注意点】 全く食べないのはなかなか難しいですよね。ポテトのLサイズは、大きなハンバーガー1個やレギュラーハンバーガー2個よりも高カロリーだったりします。シェイクはハンバーガー並み、甘いコーヒーや炭酸は100kcal超えで、飲み物としてはどちらも侮れません。

  • 【焼肉で太らない食べ方】 ダイエットの強敵=焼肉 しかし、うまく扱うことができれば ダイエットの仲間=焼肉 とすることもできます。 太りにくい焼肉の食べ方 そのキーワードは「大根」 https://t.co/LOlWW3J2Xk