「知識があれば痩せるべくして痩せる」 意志が弱くて悩んでいる方。どんな方にも必見です。そんなに頑張らなくても痩せる。
  • 【カロリーが同じでも太りやすさは違う】 カロリーが同じならGI値が低い食べ物を選びましょう。GI値とは、食べ物を食べた時の血糖値の上がりやすさを数値で表したものです。高GI値の食べ物は血糖値があがりやすく、脂肪になりやすいため避けましょう。(肉や魚はなんでも食べてOKです)

  • 【特保ってなんだろう】 トクホというのは略称で、「特定保健用食品」消費者庁が許可した食品だけに認められた表示で、人のマークが目印です。トクホは、「消費者庁の審査の元、成分によって認められた、保健の効果を表示」することのできる食品で… https://t.co/2H1rqQstqh

  • 【代謝を上げる】 基礎代謝をあげる作用を持つ食べ物は、 たんぱく質を豊富に含む食品があげられます。 ・納豆 ・ほうれん草 ・豆腐 とくにマグネシウムを多く含む食材には、脂肪の燃焼を助ける効果があります。

  • 【加工食品の影響】 脂分、塩分が多く、カロリーが多い傾向があります。ソーセージやハム、ベーコンなどの加工品も要注意です。また、体内の塩分が増えると、体は塩分濃度を保とうとして、水分を溜めこもうとして、むくみます。さらに体内の水分で血流を妨げることになり、代謝にも影響が出ます。

  • 【痩せる飲み物】 お茶に含まれるカテキンが、ウイルス撃退、免疫力向上。 「緑茶」風邪予防、イライラ解消 「カモミールティー」快眠 「ルイボスティー」アンチエイジング 「紅茶」リラックス効果、アロマテラピー

  • 【コンビニダイエット食品】 セブンイレブンで販売されている「7種の具材筑前煮」 カロリー:148㎉ ごぼう、にんじん、たけのこ、れんこんなど噛み応えのある野菜が入った筑前煮は、ほどよく味が沁み鶏肉の旨味も感じます。1袋食べ切っても148㎉という低カロリー。

  • 【食べる日、食べない日があってもいい】 ダイエットは1日1日一喜一憂せず長期的に進めていくものです。食事管理は、健康のために。あまり厳しくし過ぎず、でも節制する時はするもの。食べてしまう日もあれば、あまり食べない日を作りましょう。でも栄養はちゃんと補給する工夫があればいいのです。

  • 【ストレスは筋肉を失う】 ダイエットでストレスを受け続けると、筋肉がどんどん分解されていきます。その結果、代謝が落ちどんどん太りやすい体へと変わっていきます。 https://t.co/49hakOkOlq

  • 【痩せる飲み物】 ココアを牛乳ではなく、豆乳で作った場合は約64kcal。 砂糖などの調整がされていないココアパウダーを製菓用として使う場合もあります。最大の利点、「食物繊維が豊富」 お通じがよくなってウェイトダウンにつながリます。

  • 【飲むと痩せる飲み物集】 白湯、ココア、ブラックコーヒー、トマトジュースに豆乳となぜ痩せるのか?それぞれの成分と効果を簡単ではありますが、記載いたしました。 https://t.co/l7L3JGmn2o

  • 【コンビニダイエット食品】 ローソンで販売されている「とうふそうめん風」 カロリー:84㎉ 84kcalとカロリーが低く、炭水化物も10g程度におさえられる。晩御飯を低炭水化物として活躍できそうです。通常のそうめんより、炭水化物・カロリーの両方とも少ないのも嬉しいポイント。

  • 【空腹感を抑えられない?】 日本人の女性は、ご飯が悪いと思って減らしすぎる一方、 スイーツや乳製品などから脂質をとりすぎている傾向があります。大事なたんぱく源である肉や魚を減らすときれいにやせられません。偏った食生活で栄養バランスが崩れ空腹感も抑えられない体になってしまいます。

  • 【食べる順ダイエット】 ①スープ ②野菜 ③たんぱく質 ④炭水化物 その理由は? https://t.co/SJ5ZphRnET

  • 【タンパク質を食べよう】 成人女子で必要なタンパク質量は一日約50g。ただし、摂取したタンパク質が全て体のために使われるわけではなく、糖分や脂質と違って体の中に蓄えられません。吸収されなかったものは、尿や便などと一緒に排出されてしまいます。毎日積極的に採らないといけない成分です。

  • 【ビタミンB2】 脂質を中心に糖質、タンパク質の代謝に関わります。健康な肌や髪をつくり、粘膜を保護します。口内炎や口角炎、目や舌、唇の粘膜異常、肌荒れ、髪のトラブルは、ビタミンB2の欠乏が原因のことが多い。 多く含まれる食品:豚・牛・鶏レバー、鰻、小麦胚芽、納豆、チーズ、卵など

  • 【摂取カロリー抑えるだけで痩せる?】 答えはNOです。カロリーを抑えることはもちろん大切ですが、抑えた分、体に負担をかけてより太りやすい体質へ変化させている可能性があるからです。

  • 【パスタを食べる時】 主食の量が多く、あぶらもの(オリーブオイル・ベーコン・生クリーム)を多く使用します。更に粉チーズをかけることでカロリーがアップするので控えたほうが無難です。 具が野菜の場合はたんぱく質、肉や魚の場合は野菜が不足するのでそれぞれ補いましょう。

  • 【顔痩せに効果的な運動】 効果的なのは「水泳」 鎖骨から上の贅肉がスッキリ落ち、デコルテ部分がすっきり見えるようになると言います。また、泳いでいる時の息継ぎで口や顔をこまめに動かしますから、その動作で表情筋が鍛えられて、ほうれい線もスッキリと目立たなくなるでしょう。

  • 【成長ホルモンとダイエット】 成長ホルモンは、肝臓に蓄えられている糖質をエネルギーとして分泌します。しかし、この糖質はすぐ消費されなくなります。そこで寝る前にはちみつを摂り、肝臓に適度な糖質を蓄えることで分泌を促し脂肪を燃焼します。ただ、晩御飯は低炭水化物を心がけてくださいね。

  • 【コンビニダイエット食品】 ローソンで販売されている「ごま豆乳鍋」 カロリー:146㎉ 1日に必要な野菜の3分の1を摂取することができます。 茶碗に軽く一杯程度のご飯を付けても300㎉ちょっとなので、しっかりと夕食を食べたいし、カロリーは抑えたいという方におすすめです。