【コンビニダイエット食品】 セブンイレブン販売の「8種の具材おでん」 カロリー:1人前480gで

【コンビニダイエット食品】 セブンイレブン販売の「8種の具材おでん」 カロリー:1人前480gで179㎉ おでんといったら、レジ横で湯気を上げているものを想像しますが、こちらは8種の具材が入っていて480gと食べ応えがあるにも関わらず198円という安さも魅力的です。

  • 2m

    【痩せる飲み物】 ブラックコーヒーのカロリーは1杯10kca。「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種が含まれています。これは、体に脂肪がつきにくい働きを持っています。また、ブラックコーヒーは、糖の吸収を抑えるので糖尿病予防にも。

  • 17m

    【早食いをやめよう】 一般的に、脳の満腹中枢で「満腹」だと感じるまでに15~20分程度かかるといわれています。早食いは、単純に一定時間に食べる量が増えてしまい「大食い」につながります。少しの食事量で満足するために、普段よりゆっくり食べることを意識してみましょう。

  • 32m

    【急激に痩せるとがんにも】 全身の脂肪が肝臓に集まってしまい、脂肪肝になってしまいます。これは肝臓がんへと繋がる最初の段階です。 女性の場合は女性ホルモンを肝臓で調節しているため、生理不順や女性器系の病気になりやすくなってしまいます。

  • 47m

    【腹筋はカロリー消費しない】 腹筋の消費カロリーは意外な事に10~30回で3~8程度の消費カロリーにしかなりません。しかし、腹筋を鍛える事はもちろん、お腹を引っ込ませる効果もありますし、体力作りにもなります。ダイエットのための体作りとして、土台作りという考え方で腹筋をしましょう。

  • 1h

    【果実も食べ過ぎNG】 果物に含まれる糖質は、砂糖と同じ成分の「単純糖質」 摂りすぎには十分注意しましょう。 果物の1日の目安 りんご 半分 みかん 2個 オレンジ、グレープフルーツなど 1個 バナナ 1本 イチゴ 15粒 さくらんぼ 20粒 桃 1個 柿 1個

  • 1h

    【男性と女性で太り方が違う】 男性では内臓脂肪(短期的に増減する)が付きやすく、 女性では皮下脂肪(長期的に増減)が付きやすい。 と言う特徴があります。しかし、閉経後は女性も内臓脂肪(短期的に増減)が付きやすくなってくるので、性ホルモンと関係があるようですね。

  • 1h

    【コンビニダイエット食品】 セブンイレブンで販売されている「7種の具材筑前煮」 カロリー:148㎉ ごぼう、にんじん、たけのこ、れんこんなど噛み応えのある野菜が入った筑前煮は、ほどよく味が沁み鶏肉の旨味も感じます。1袋食べ切っても148㎉という低カロリー。

  • 2h

    【痩せる飲み物】 ココアを牛乳ではなく、豆乳で作った場合は約64kcal。 砂糖などの調整がされていないココアパウダーを製菓用として使う場合もあります。最大の利点、「食物繊維が豊富」 お通じがよくなってウェイトダウンにつながリます。

  • 2h

    【生活サイクルを朝型に】 人の体は午前中のほうがエネルギー代謝量が多く、夜遅くなればなるほど蓄えモードになるものです。午前中からしっかり体を動かすようにするには早起きはオススメです。本来の体の状態を取り戻す。これが結果的に、やせやすい体に導くものですね。

  • 2h

    【太らない外食メニュー】 デニーズ 豚しゃぶ膳(選べる小鉢つき)717kcal 魚や鶏胸肉と比べると脂質は高いが、しゃぶしゃぶなので脂が落としてある。豚肉は高タンパク、不飽和脂肪酸、ビタミンB1が豊富な美肌食材と言えます。また、キャベツが引かれているので、野菜もカバー。