誰が呼んだか「流浪の盛り上げ士」常に遊び方を磨く日々…でも今は、やることを増やしすぎず、できることからゆっくりと。