チョロ松総受けbotです!コピペ、オリジナル有り。誤字、一人称、二人称などの誤りがありましたらリプお願いします!随時更新中…返信は手動ですので遅くなる場合もあります。お別れはブロック→ブロ解除で!
  • お「おい!!テメェら誰だ!!チョロ松の脱ぎたてパンツ取ったの!!!」 カラ「俺の、手が操られ(ry」 一「俺か」 十「俺かもー!?」 ト「僕の可能性も」 チ「お前らちょっとそこに直れ。」

  • チョロ:トド松は可愛いよね。女子力高い。末っ子だから僕も甘やかしちゃうし。でもたまに凄く男らしいことがあって惚れそうになった、っていうのは秘密ね。

  • 一「良い子は寝る時間…俺とチョロ松の夜はこれから。」

  • チ「(猫と会話中)にゃー、にゃ?にゃーん…………ンハァ!?」 一「(<●>ω<●>)」 チ「な、なんだ!!何か文句でもあるのかっっ!!」 一「……いや別に(恐ろしく可愛い)」

  • カラ「うわっ……(転ぶ)………!?ご、ごめん!?」 チョロ「うん!?僕は男だから胸に手があたってもそんなに照れる必要も謝る必要もないんだよカラ松!?」

  • ヤンキーパロ おそ:不良5人引き連れてる学級委員長とか言われてるぞお前 チョロ:はぁ!?お前らと一緒にしないで欲しいね!! カラ:安心しろ?俺はお前の事死んでも守ってやる 一:カラ松よりチョロ松の方が強いと思う

  • トド「よっるごっはんー♪チョロ松兄さんの隣がいいなぁ!」

  • トド「僕のこと必要ないとか言ってたけどいなくなったらなくの誰。チョロ松兄さんでしょ。僕だってそうなんだからね。」

  • トド:チョロ松兄さんは僕のこと可愛いって言ってくれるけど、やっぱり一番可愛いのはチョロ松兄さんだね。そんなアイドルよりどんな女の子よりチョロ松兄さんが可愛いんだよ。あぁ、何で僕らは兄弟なの、チョロ松兄さん。僕のものになって欲しいなぁ。

  • チョロ:や、やだなぁ、僕弱いですって モブ:それは丁度いいなぁ?ちょっと来てもらおうかな?痛くはしないから、ね? チョロ:ちょ、ちょっと、ケツを触るな! モブ:大人しくしててくれない、とガハッ チョロ:僕、弱いですよ?狭い範囲で(兄弟の中では)

  • 一松「……僕はアンタを認めてる。だから、って言うのはおかしいけど…褒めて欲しい。」

  • カラ「三時のおやつはお前だ、チョロ松(イケボ)」

  • カラ「(ぶっすー)」 チョロ「カラ松?どうしたの珍しくそんな怖い顔して」 カラ「一松ばっか、弟ばっかじゃないかチョロ松は!」 チョロ「あー…あれか…もう、ほらカラ松おいで!」 カラ「・:*+.\(( °ω° ))/.:+」

  • チョロ:一松は何考えてるか分かんないよね。でも僕に懐いてきてくれてるとことか、すごく嬉しい。ネガティブだけど、猫と遊んでる時とか凄く楽しそう。普段一番かっこいいと思えるのが一松だなぁ。

  • 十「お昼ごはあああぁあああぁぁぁぁん!?!?」

  • チョロ:カラ松は黙ってればかっこいいよ。同じ顔だけどなんだろう。かっこいいよ。あぁでもダメだ、声もかっこいいからやっぱり普通にしてれば一番かっこいいよ

  • 一「退けよ、カラ松」 カ「嫌だ、絶対退かない」 一「殺す、ぞ……」チョロ松の指が一松の口元に チ「ほら、そうやって物騒なこと言わない!」 一「ごめん……」 チ「うん、ほら一松もおいでよ?」 一「うん」 カ「…」

  • チ「あの、トイレ行きたいんだけど、一松、十四松、トド松」 一「ダメ」 十「いやー」 ト「退かないよ」 チ「僕が漏らしてもいいの!?」 一、十、ト「「「それもアリか」」」

  • トド:わかってるよ、これが男に、兄弟に抱いちゃいけない感情なんてこと。…………誰だよ、愛の形は自由だとか言ったヤツ

  • おそ「朝は食欲ねぇんだって…え!?チョロ松の手作り!?食う!!!」