• 【smoking city 831/1095】(卒業って、悲しいことねえ……)

  • 【smoking city 830/1095】 誰も見てくれないし、まして、話してもくれない。どこで金をつかもうが、どこでのたれようが、私に興味を持つ人間はいない。私以外は―――。

  • 【smoking city 829/1095】 私以外に、私とクチをきく人はいない。外を歩き、無関係な人間と肩をぶつけても。「ごめんなさい」が一日間の唯一の言葉。

  • 【smoking city 828/1095】 これからは、入学前の、ひとりぼっちだった頃にもどる。ここからどこへ行くかは、つゆ知らず。困って人にきいても、所詮は他人。

  • 【smoking city 827/1095】(卒業式は終わったから、それも叶わないけどね……)

  • 【smoking city 826/1095】 明日になったら会いたい。

  • 【smoking city 825/1095】 ……でも、遠くへいってしまう前に友達と会いたい。啓人、水奈子。今日会ったばかりだと笑うかもしれないなあ。それでも、いいんだわ。

  • 【smoking city 824/1095】 あの月に行くことが、できる。花火でもくくりつけて、人間ロケットでパーン! と。

  • 【smoking city 823/1095】欲しいものが、いっぱい買える。CDも、たくさん。カラオケいって、そのまま旅行にいける。何だって、できる。

  • 【smoking city 822/1095】 ―――それさえあれば自由になれるのに。

  • 【smoking city 821/1095】(俺、卒業したのに、誰からも褒められてない。卒業祝い、もらってない)

  • 【smoking city 820/1095】 このまま、いってしまうのかなあ、というオモイがつのった。そうなると、この世にまだ遣り残したことがたくさんある気がする。

  • 【smoking city 819/1095】 私にとっては、葬送歌と等しく聞こえる。

  • 【smoking city 818/1095】(ああ、行き先は……、どこ……?)

  • 【smoking city 817/1095】 ちっ、と舌打ちをすると、おじさんは私を連れて、側にあったミニSLに乗る。レバーを入れると、SLは、愉快なメロディを鳴らして走り出した。

  • 【smoking city 816/1095】 そう言って、ジャージ男は屋根から降りて着地。おじさんの発砲した弾は、男の少し横をとおって壁に穴を開けるだけ―――。

  • 【smoking city 815/1095】「そのオッサンは本気らしい。だから、覚悟を決めた方がいいな」こういう終わり方もあるんだってな。

  • 【smoking city 814/1095】「おい、子どものほう」ジャージ男が口をひらく。

  • 【smoking city 813/1095】 こんな死に方……ありえないから。

  • 【smoking city 812/1095】(信じてるから……頼むから……)