【smoking city 817/1095】 ちっ、と舌打ちをすると、おじさんは私を連れて、側にあ

【smoking city 817/1095】 ちっ、と舌打ちをすると、おじさんは私を連れて、側にあったミニSLに乗る。レバーを入れると、SLは、愉快なメロディを鳴らして走り出した。

  • 5m

    【smoking city 621/1095】 私の意見に反して、おじさんはここで休憩すると言い出した。

  • 35m

    【smoking city 620/1095】「ねえ、はやく行こうよ。くさくって、たまらないよ」

  • 1h

    【smoking city 619/1095】 おじさんは、自信満々に微笑をこぼした。

  • 1h

    【smoking city 618/1095】「まさか、こんな近くにいるとは思わないだろう」

  • 2h

    【smoking city 617/1095】 少しすすむと、家屋との間に小さな隙間があり、離れたところにあいつらを確認することができた。

  • 2h

    【smoking city 616/1095】 ウラにはいると、超がつくほどのゴミが散乱しており、きっつい臭いを吐き出していた。私は思わず、鼻をつまむ。

  • 3h

    【smoking city 615/1095】 おじさんは愚痴を言う私を連れて、迂回するように細い道へ入っていった。

  • 3h

    【smoking city 614/1095】「何だってこんなにしつこいんだよ、あいつら」

  • 4h

    【smoking city 613/1095】、私が何時間前かにボコボコにされたこわいオニイサンたちがたむろしている。カオを見たところ、間違いはなさそうだった。

  • 4h

    【smoking city 612/1095】 おじさんがあごをしゃくって刺した先には