【smoking city 1068/1095】「あー、したくなかったら、しなきゃいいじゃん。したく

【smoking city 1068/1095】「あー、したくなかったら、しなきゃいいじゃん。したくなったら、すりゃいいじゃん」少し面倒くさそうな答え。

  • 2m

    【smoking city 660/1095】「ニャー」

  • 32m

    【smoking city 659/1095】 また、ため息しか出てこなかった。

  • 1h

    【smoking city 658/1095】 それに気付かず、一瞬であっても優越にひたっていた。「ほんとうに駄目だなあ、こいつ……」

  • 1h

    【smoking city 657/1095】(訳がある。おじさんは理由を持っていた)

  • 2h

    【smoking city 656/1095】 このなかに、社会の裏側をおさめたヤバイ写真がある。そしておじさんは、それを世に知らせるために、こうして街の暗がりで身を潜めている。

  • 2h

    【smoking city 655/1095】 それを見て、はっとした。

  • 3h

    【smoking city 654/1095】 と思ったところで、おじさんの懐からなにか転がり落ちてくる。それは、この街にきたときの地下駐車場でおじさんが落としたメモリーチップであった。

  • 3h

    【smoking city 653/1095】(この歳で、俺と同じとは―――)

  • 4h

    【smoking city 651/1095】「いや、まてよ」

  • 5h

    【smoking city 650/1095】 これが、中学校まで義務教育を終えたやつのやることかよ、まったく。