【smoking city 72/1095】 まてよ。そもそもこんなに量がなければ、袋からはみ出るこ

【smoking city 72/1095】 まてよ。そもそもこんなに量がなければ、袋からはみ出ることもなかったはず。

  • 23m

    【smoking city 1074/1095】「はあ~あ。マスター、ただの水ちょうだい」

  • 53m

    【smoking city 1073/1095】 私は聞き逃さなかった、イヤホンからアイドルソングが流れていたことを。

  • 1h

    【smoking city 1072/1095】 マカロニは外れたイヤホンを耳にもどし、視界をとじた。

  • 1h

    【smoking city 1071/1095】「うるせえ、あほ、ぼけ、カス、死ね! 手前のことだろ、手前で考えろ! オレはオレで忙しいんだよ! っくそが」

  • 2h

    【smoking city 1070/1095】 私のシツモンに、マカロニは怒鳴った。

  • 2h

    【smoking city 1069/1095】「でも、働き盛りの若者を放っておいていいんですか?」

  • 3h

    【smoking city 1068/1095】「あー、したくなかったら、しなきゃいいじゃん。したくなったら、すりゃいいじゃん」少し面倒くさそうな答え。

  • 3h

    【smoking city 1067/1095】「俺、何もしなくていいの?」

  • 4h

    【smoking city 1066/1095】 私は驚いた。今まで、何もしなくていいと言う大人に会ったことがなかったからだ。

  • 4h

    【smoking city 1065/1095】「じゃあ、そこら辺で糞して寝てろよ」