【smoking city 74/1095】 そんなことを考えつつ、田植えのように腰を折って道路のゴ

【smoking city 74/1095】 そんなことを考えつつ、田植えのように腰を折って道路のゴミを拾っていると、

  • 21m

    【smoking city 75/1095】「それじゃ、いってきまーす」

  • 51m

    【smoking city 74/1095】 そんなことを考えつつ、田植えのように腰を折って道路のゴミを拾っていると、

  • 1h

    【smoking city 73/1095】 人はゴミを出し過ぎる。この消費化社会がすべての根っこではないのか。

  • 1h

    【smoking city 72/1095】 まてよ。そもそもこんなに量がなければ、袋からはみ出ることもなかったはず。

  • 2h

    【smoking city 71/1095】 引きずり気味に運んだことがアダとなったのか。最初から結びが甘かったのかもしれない。

  • 2h

    【smoking city 70/1095】 なぜ、ゴミが散らばってしまったのか。

  • 3h

    【smoking city 69/1095】 袋に穴が開いていたらしい。私の朝ごはんになるはずだった黒っぽい固形が、道路に点々とあとを残している。

  • 3h

    【smoking city 68/1095】 私は力任せにゴミ袋をぶん投げ、私の手から離れたポリ袋は収集所の山のなかに突っ込んでいった。黒い尾をひきながら。

  • 4h

    【smoking city 67/1095】 ちり紙や生ゴミのにおいをプンプンさせながら門を出ると、目の前がゴミ収集所だ。

  • 5h

    【smoking city 65/1095】「う、おもい」