【smoking city 80/1095】 私はあぶら汗をふいて、女のほうに振り返った。道路にはま

【smoking city 80/1095】 私はあぶら汗をふいて、女のほうに振り返った。道路にはまだ五割ほど、散らばっている。

  • 25m

    【smoking city 235/1095】 私の横には、冴えない男が横たわっており、護身用のナイフは遠くのほうに落ちていた。

  • 55m

    【smoking city 234/1095】 思い切り腹部を蹴り飛ばされた。

  • 1h

    【smoking city 233/1095】「オラァこたえてみさらせ、ボケェ!」

  • 1h

    【smoking city 232/1095】 ―――ところまでは覚えている。

  • 2h

    【smoking city 231/1095】 こういうときこそ―――私はカバンに忍ばせておいた護身用ナイフを取り出した。

  • 2h

    【smoking city 230/1095】 その場では、目つきだけはキレのある複数の男が、一人の冴えない男をよってたかってボコボコにしている。その内のひとりが私に気づき、チンピラ風の歩みで寄ってくる。私は有無を言わずそいつを突き飛ばした。

  • 3h

    【smoking city 229/1095】 大人になったからだろうか、社会的悪をほろさなければと、正義が目覚めたのか、それともただの有頂天か。

  • 3h

    【smoking city 228/1095】 気づくと、私は細い裏道をすすみ、喧騒の場にたどり着いていた。今までの私ならば、こんなことはしていない。十分の十で、素通りを決め込んでいる。

  • 4h

    【smoking city 227/1095】プラスチックがくずれるような音がきこえた。路地裏のほうからだ。よくきくと、喧騒の声もきこえる。

  • 4h

    【smoking city 226/1095】 なにかが当たる衝突音がきこえ、そのあとに